新築を選ぶ意味があるのかどうか

新築一戸建て住宅と中古一戸建て住宅では、やはり新築のほうが魅力的に感じるで
しょう。
しかしながら、新築とはいっても建物を建てた1年目までで、それからは中古に分類
されるので、お得に取得したいのならば、中古一戸建て住宅でも構わないのではない
でしょうか。
また、一戸建て住宅とマンションという不動産で考えてみても、マンションならば住
民同士のいざこざが懸念されますし、一戸建て住宅でも近所付き合いがあります。
どんな不動産を取得するにしても、メリット・デメリットがあるので、できるなら
ば、デメリットをしっかり確認してから取得するようにしましょう。
新築一戸建て住宅の場合、賃貸というより取得、あるいはイチから建てる注文住宅に
なります。
賃貸ではないため、家賃を支払う必要性がいらないので魅力的にうつるでしょうが、
高い買い物といわれるだけあって、住宅ローンの支払いが待ち構えています。

しかし、メリット・デメリットを比較・検討してみれば、自分たちがどんな暮らしを
したいのかが見えてくるでしょう。
例えば、いずれ親の住まいを相続できるのであれば、仮住まいしておくのが手です。
土地付きの不動産などは探すのも手間がかかりますし、エリアによっては土地代だけ
でも高額です。
ですが、自由に住み替えたいのならば、やはり賃貸物件がオススメです。
安い価格帯の中古一戸建て住宅を取得すればいいのではないのか、そうした考えもあ
るでしょうが、そうした場合には売却がしずらい、そうした問題が生じるケースが圧
倒して多いようです。
誰もが古いものより新しいものを欲しがるものです。
ですから自由に住み替えることは可能ですが、その家の売却がすんなり行かないもの
です。
また、頭金を貯めることができない人もいらっしゃいます。
こうした人の大半は、中古一戸建て住宅や賃貸物件に目星をつけます。
しかし、頭金なしでも新築一戸建てを取得したり、イチから建てることはできます。
新築一戸建て住宅のウリは、新しさです。
機能性・デザイン性を求めることも可能ですが、その住宅で一生を過ごすとなるな
ら、老後までの過ごし方も考えるべきでしょう。
老後に夫婦2人っきりになるのか、二世帯住宅になるのか、それを事前に考えた設計
にしておけば、後々、簡単にリフォームができます。
ライフプランとライフスタイルはツイで考えましょう。
既存している住宅では、後々、自由にリフォームできるとは限りませんし、人が家に
合わせるくらいならば、新築一戸建て住宅を建てることから始めたほうが、満足度は
高まるでしょう。

ただ、イチから建てるとなると、現物を見て判断ができません。
特に注文住宅ではその点で満足度に差が出るようです。
眺望、日当たり、風通しなどはどうなのか、建物を建ててみて気づくことも多いで
しょうから、この場合には、気候風土を熟知している地元密着型の工務店に相談して
みましょう。
良い家づくりのプロフェッショナルだといわれています。
https://oriho.com/

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。