逆流性食道炎の治療法について。

逆流性食道炎とは、胃液は強力な酸からできていて、胃の内部は粘液やアルカリ分泌などで胃は守られているのですが、その胃液が逆流して食道にくることを逆流性食道炎と言います。食道には、胃の内部のような守る粘膜がないため、大きなダメージを受けます。

胃の中の圧力が高まって口から空気を出すげっぷも逆流性食道炎になるのには、食事をしていて空気を飲み込めば誰しもげっぷが出るのですが、食事以外にもげっぷが止まらないようなら、なんらかの病気がある可能性があります。胃の機能が低下していたり、胃の消化物が腸に送り出されず、詰まってしまいます。胃から消化されたものが腸に送られなければ、消化物や胃酸は逆流してくるようになります。

逆流性食道炎が頻繁に起こると、吐き気や嘔吐の症状が出てきます。のどに酸っぱい液体が上がってくる思いをした人もいると思いますが、その症状が続くと吐き気や嘔吐を催し、実際に吐いてしまいます。何度も吐き気や嘔吐をするようなことがあれば、胃液がその都度食道を通るために、より食道に炎症が進み、逆流性食道炎の症状が悪くなります。

逆流性食道炎の原因としてあげられるのが、ストレスや肥満、暴飲暴食、たばこやお酒、夜型の人、加齢などの原因があります。

逆流性食道炎の治療方法としては、市販薬でも効果を発揮するものもありますが、薬をやめるとまた再発することが少なくありません。生活習慣を改善することや治らないのであれば、手術などを視野に入れておく必要があります。

生活習慣を改善するには、まずは食事を見直すことです。逆流性食道炎は食事の仕方で発症します。食習慣や食べ物を見直していく必要があります。暴飲暴食や食べ過ぎは、逆流性食道炎を悪化させます。油ものや肉のタンパク質は胃酸を過度に分泌させるので、胃に負担をかけない食べ物や消化のよい食べ物を摂取するようにしましょう。寝る前に食事しないのは基本です。食べてからすぐに横になると、胃の内容物は食道を簡単に逆流してきます。あとは、禁煙やお酒を控えるなどの治療法があります。

逆流性食道炎は、ストレスや乱れた生活、食生活などの生活習慣です。少しずつでも生活習慣を変えていけば、逆流性食道炎の症状を抑えれるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。