語学保育園の選び方についてご紹介

「語学保育園」という保育施設ご存知でしょうか。英語教育に特化した施設のことをプリスクールと呼ぶ場合もあります。

この「語学保育園」とは、主に外国語を通して未就学児の保育を行う施設のことです。語学保育園ては習い事として一時的に外国語を使用するのではなく、施設内での生活におけるコミュニケーションをすべて外国語で行っています。主に英語を使用しますが、場所によっては、中国語などで保育を行う場合もあります。

語学保育園に通わせるメリットは、やはり外国語が身に付きやすくなるという点でしょう。小さいころから日常的に外国語を学習することで、日本語との文法や発音など多くの違いをより理解しやすくすることができるようになります。例えば、英語の「L」と「R」といった区別が難しい発音についても早い段階で聞き分けられるようになることが期待できるのです。

「早いうちから外国語を身につけさせたい」という親御さんにはおすすめの保育施設となっています。

では、「語学保育園に子どもを通わせたい」という場合には、どのようにして語学保育園を選べば良いのでしょうか。その選び方のポイントについてご紹介します。

語学保育園を選ぶ上で確認しておきたいポイントは3つあります。それは、「教育方針」、「先生の質」、「サービス」です。

1つ目の「教育方針」から順に説明していきますが、大前提として語学保育園は一般的な保育園とは異なりますので、あらかじめその違いについて理解しておきましょう。

語学保育園は一般的な保育施設とは異なり共通した教育方針はありません。通う施設によって教育方針が異なりますので、実際通わせてみたら、「教育方針と違った」ということがないように、「その施設がどのような教育方針で運営されているか」「子どもの教育方針にあっているか」について確認しておく必要があります。

2つ目の「先生の質」は、お子様の外国語の習得・向上に最も影響します。語学保育園ですので、一定の語学力や専門知識、スキルを持った先生はいらっしゃいますが、お子様との相性などもあります。無料体験入学を利用するなどして、あらかじめ先生の様子やお子様との相性なども確認しておくとよいでしょう。

最後の「サービス」ですが、こちらも重要なポイントとなります。語学保育園は通常の保育園とは異なりますが、17時まで預かってくれる保育施設もあります。「仕事で迎えの時間に遅れてしまいそう」、「急用ができてお迎えにいけない」という場合など、預かってもらえないと困りますよね。なので、 延長保育や送迎の有無などサービス内容も確認しておくことが大切です。

語学保育園は通常の保育園よりも、費用が高額になりますし、家計への負担も大きくなるでしょう。お子様を通わせる語学保育園のサービス内容が充実していれば、保護者の負担も最小限に抑えることができます。

「お子様を語学保育園に通わせたい」と考えていらっしゃる方は、「教育方針」、「先生の質」、「サービス」に重点を置いて探してみてはいかがでしょうか。

ぱんだんぱインターナショナル

Keywords:

東大阪市 語学保育園

Address:

日本、〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉3丁目9−18 西川コーポ 1F

Phone:

+81-72-966-0288

Website:

https://pandanpa-international.jp/

Google Maps Links:

https://goo.gl/maps/xgTtjVbieHNxaLg79

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。